事業

主な事業 : 5. 交通安全に関する調査研究の実施

交通安全活動の効果的な推進を図るため、当協会内に専門委員会(「安全運転教育推進委員会」(昭和43年)、「二輪車安全運転推進委員会」(昭和47年)、「自転車安全教育推進委員会」(昭和50年)、「安全運転管理委員会」(昭和54年)、「交通安全装備委員会」(昭和41年)、「反射材活用推進委員会」(平成16年))を設置するなどして、調査研究を行っています。

調査研究の成果としては、反射材の着用状況を研究した「歩行者用反射材の活用実態調査」(平成18年度調査研究)、自転車の通行ルール等の法改正のための調査研究「自転車の安全利用の促進等に関する調査研究」(平成18年度調査研究)や高速運転の際の後部座席シートベルトの着用効果等と広報啓発のためのDVD「時速100kmの衝撃」の制作(平成19年度調査研究)、チャイルドシートの正しい使用を解説した広報啓発のためのDVD「チャイルドシートで守ってね!」、交通ルールを徹底するための広報啓発用DVD「交通ルールを守る。大切な命を守る。」の制作、「平成22年度 反射材の普及活用に関する調査研究」などがあります。

「時速100kmの衝撃」のDVDを作成し、全国の交通安全協会に配布

「時速100kmの衝撃」のDVDを作成し、全国の交通安全協会に配布

DVD「交通ルールを守る。大切な命を守る。」

DVD「交通ルールを守る。大切な命を守る。」

ページ最上部へ戻る