平成29年における交通死亡事故の特徴等について
平成29年中の交通事故による死者数は3,694人(前年比−210人、−5.4%)で、
昭和23年以降の統計で最少となった。

【交通事故死者数の推移】
交通事故発生件数・死者数・負傷者数の推移

○第一次交通戦争(ピーク:昭和45年・16,765人)では、運転免許保有者数や自動車保有台数の増加及び道路整備等を背景に、自動車乗車中や歩行者との事故が大幅に増加。その後、昭和54年には8,466人まで減少。

○第二次交通戦争(ピーク:平成4年・11,452人)では、第一次と同様の要因に加え、運転技能が不十分な若者の増加等を背景に、特に自動車乗車中の事故が増加。その後、一貫して減少傾向にあり、近年では高齢者人口の増加等を背景に交通事故死者数の減少幅が縮小傾向。

○現在推進中の第10次交通安全基本計画(平成28年度~平成32年度)では、「人優先」の交通安全思想の下、「平成32年までに24時間死者数を2500人以下とし、世界一安全な道路交通を実現する。」との目標を掲げ、各種対策を推進中。

【平成29年における交通死亡事故の特徴】

(1)全般的な傾向

○交通事故死者に占める高齢者の割合は54.7%で、依然として高水準(過去2番目の高さ)。

○状態別に見ると、歩行中死者数が10年連続で最多となっており、歩行中死者数の72.2%が65歳以上の高齢者。

(2)高齢運転者による死亡事故の特徴

○75歳以上の高齢運転者による死亡事故は、前年と比較して、件数は横ばい、全体に占める割合は増加傾向。

○事故類型別に見ると、工作物衝突や路外逸脱等の車両単独事故が多く、人的要因ではブレーキとアクセルの踏み間違いなど操作不適が多い。

○死亡事故を起こした75歳以上の運転者は、直近の認知機能の検査結果が第1分類(認知症のおそれ)、第2分類(認知機能低下のおそれ)であった者の割合が多い。

(3)自転車関連事故の特徴

○自転車事故の相手当事者は8割以上が自動車で、半数以上が出会い頭事故。

○対歩行者の事故は前年より増加、特に若い自転車運転者と高齢歩行者が当事者となる事故が多い。

○歩行者が死亡・重傷の事故では、運転者の半数は24歳以下、損害賠償責任保険等の加入は6割。

○ヘルメット非着用時の致死率は、着用時に比べて約3.3倍高い。

【死亡事故の特徴等を踏まえた主な対策】

(1)高齢運転者事故

○運転に不安を覚える者に専門的な助言・指導を行う運転適性相談の充実強化と高齢者の運転免許証の自主返納を促進。

○高齢者講習等における加齢に応じた運転等の理解促進と、安全運転サポート車(サポカー、サポカーS)の普及啓発。

(2)自転車関連事故

○交差点等での安全確認や歩道での歩行者優先等、交通ルールの周知を図り、交通安全教育を推進。

○損害賠償責任保険等の加入促進。

○ヘルメットの被害軽減効果の周知等により、自転車利用時のヘルメット着用を促進。

詳細は、警察庁のホームページをご覧ください。

ページ最上部へ戻る